フォトプラ

ぺこ&りゅうちぇる、結婚式は「事務所次第」 ノンスタ井上に「早く会えるのを楽しみにしています」

 

 

ブライダルフォトサービス「フォトプラ」記者発表会が7日、東京都内で行われ、昨年の大みそかに入籍を発表したぺこりゅうちぇるが出席した。

フォトウエディングサービス「フォトプラ」は、日本全国、海外リゾートの人気チャペルやスタジオ、有名ロケーションでの結婚写真を撮影できるというもの。2人はりゅうちぇるの地元である沖縄支部の営業部長に任命された。

結婚後、ぺこは「(りゅうちぇるの本名の)比嘉になったのが一番大きい」と変化を語り、りゅうちぇるは「心構えがすごく変わってきて。大黒柱になるものですから、お仕事とかも頑張ろうと思ったし、保険とかも入った」と真面目な一面を見せた。

挙式披露宴の計画は全く決まっていないとしつつも、りゅうちぇるが「めっちゃやりたい。本当に事務所次第。外国とかもいいかなって…」とよく話し合っているという。

式の内容についても、りゅうちぇるが「大きなウエディングケーキの上で踊るの。絶対それだけはやりたいって2人で言っています」と希望を語ると、ぺこが「食べ物の上に乗るのは、粗末にすることになるから、なんか機械で」とすかさずフォローした。「僕たちは派手にしようとは思っていなくて、結果派手になるだけ。私服もそう」とスタンスを明かした。

子どもの予定を問われると、りゅうちぇるが「妊婦さんのままウエディングドレスを着るよりは、一番きれいな体の状態で着た方がいい。新婚旅行もつわりでつらいと大変だから、子どもはことを終わらせてからにしたい」としっかりとした考えを示した。

また、昨年12月に接触事故を起こして謹慎中だったNON STYLEの井上裕介が、6日に不起訴処分となったことを受け、今夜会見を開く。

りゅうちぇるは「いろいろなことがあるけど、頑張ってほしい。お仕事で共演させてもらっていたので、早く会えるのを楽しみにしています」とメッセージを送り、ぺこも「NON STYLEさんの漫才は昔から好きだったので、また見られたらうれしい」と期待を寄せた。